お問い合わせはこちらから <Tel. 090-3218-9830>

Official BLOG

みんなで高める!! Women∞Share会(第4回)

  • follow us in feedly

太陽こんにちは。
日本クレニオセラピー協会 、さかもと よしえ ですしあわせ


先日の祝日月曜日 11/24は、やりましたよ
“みんなで高める!! Women∞Share会” 第4回キラっとハート

宣言通り、今回のテーマは
 ・子どもや妊産婦さんのケアの臨床についてシェア
 ・前回に引き続き、神経系・活動電位について
 ・神経の変性と再生
 ・進化からみた形態学・発生学についての復習 など

みんなで高める!! Women∞Share会(第4回)

まず、午前の部一発目は、前回台風で来られなかった九州・北九州市からお越しの Yumiko先生発信の『子どもや妊産婦さんのケアの臨床についてシェア』!

卓球教室の先生をやっているツテもあり、お子さんを見る機会が多い Yumiko先生の臨床話はかなりためになり、面白かったです。
もちろん、お子さんだけではなく、一緒にママも家族ぐるみでファミリークリニック化しているのを聞くと、学べることが多く、他の参加者の方の発言や臨床話も興味深く、熱い語りの時間となりました。笑顔

やり方や技術だけでなく、子供やママ達に好かれ、信頼が築ける Yumiko先生の人柄ももちろん学ばなきゃいけないことが多く、いろいろな意味で考えさせられました。

遅めのランチをいただいた後は、・・・

みんなで高める!! Women∞Share会(第4回)

午後一番にしては、ちょっとつらいテーマ汗
永田町つばさカイロプラクティックの松葉裕子先生発信の「神経系・活動電位について」「神経の変性について」頑張る

神経の話も4回目なので、徐々に点と点が線で繋がるようになりましたが、、、やはり午後一は…、つらいですね。汗
中三の娘の理科の教科書で活動電位の予習・復習はしていたのですが、使用したのが中学の教科書!
ま、他の本も見ましたが・・・
最近の中学の教科書ってすごいんですね。イラストも『科学雑誌Newton』ばりで、でも説明はとてもシンプルで分かりやすい!
最高の教材ですねsei

みんなで高める!! Women∞Share会(第4回)

そして、最後は・・
ワタクシ、アディオカイロプラクティック 坂本がお送りする『頭蓋顔面の発生と進化の復習・シェア』オーッ!

1時間ちょっとだったので、用意していたものの1/3くらいしかできませんでしたが、参加者のみなさんといろいろな意見・考えを出し合いながらのシェアだったので、私が受けたセミナーのものとは違う面白味や疑問等も生まれるいい時間となりました。期待すまいる

みなさんも学びの心が強く、好奇心も旺盛なので
気付くと、予定時間を1時間くらいオーバーした熱く楽しい空間となっていましたはーい

みんなで高める!! Women∞Share会(第4回)

見てください、この笑顔キラ
楽しく学んだあとは、みんなすっきりとした素敵な笑顔が自然と出てきますよね。笑顔

次回は、何かテーマを決めて・・
参加者の一人一人がそれに対しての意見・情報などをまとめてきてシェアするのもいいねsei
...などの声も出てきて、どんどん楽しい会になっていきそうですハート

こんなことをしているシェア会ですが、ご興味のある方はご連絡ください!


施術されている側も、施術している側の身体と心も整う
『クレニオセラピー』

あなたも一緒に学びませんか。


セミナー開催日は、毎月第3日曜日(1月・8月除く) 13:00 ~ 18:00です。

最小限の力で、最大級の効果を発揮させることのできる 『クレニオセラピー』ハート
一緒に学びたいという方、大募集です!
ご興味のある方は、まずは見学にいらっしゃいませんか。

詳しくは、こちらのページからご参照ください!
みなさまにお会いできることを楽しみにしています

※ クレニオ☆スクール HP ⇒ https://www.cranio-therapy.com/cranio_school/


facebook クレニオセラピー(頭蓋骨調整)Facebookページ(「いいね」お願いします♪)
facebook アディオ カイロプラクティック Facebookページ(「いいね」お願いします♪)
facebook 坂本 儀恵 Facebook (楽しい&美味しい情報満載 お友達募集中★)
LINE アディオLINE@ LINE ID: @miw3935y(LINE@からご予約できます♪)

オンライン予約はこちら オンライン予約はこちら
お問い合わせ専用TEL 予約専用TEL : 090-3218-8930

  • follow us in feedly

関連記事

日本クレニオセラピー協会★ページ Topへ